スキップしてメイン コンテンツに移動

新作アイランドキッチン



この度、自宅のリフォームに伴い、新たにアイランド型のキッチンを設計、製作しました。 
従来までのような細長い長方形ではなく、家族みんなで囲んで使えるような、正方形に近い形のキッチンです。

  〔Island Kitchen〕
SIZE : W1530. D1200. H870 (mm) 
素材:(ワークトップ) ステンレス ヘアーライン仕上げ
(キャビネット部)オーク突き板材、栗無垢材、赤松無垢材、等
(ハンドル)真鍮鋳物 黒染
塗装:水性ウレタン塗装(中段:白木色)、(下段:ダークグレー色)

シンクはシゲル工業製のスクウェア型シンク。
サポートプレートと、水切りプレートが2段に設置でき、シンク内のスペースを有効活用できます。


シンク下は2段の引き出し構造。
深さの浅い引き出しには包丁差しも収納できます。(包丁差しは付属していません)

コンロ下は鍋やフライパン等高さのあるものを収納可能。(フライパンスタンドは付属しておりません)

ボトム部にも引き出し収納を設置。あまり高さの無い小物類を収納できます。

側面部に食器洗い乾燥機を設置。
シンクで洗った食器類をそのまま食洗器に入れられ機能的です。
ボトム部にも引き出し収納。

アイランドキッチンに意外と忘れがちなのがコンセント。
ハンドミキサーや自動調理器など、いざ電源が必要な場合、コンセントが遠いと不便です。写真のコンセントはスライドカバー式で未使用時閉じておけばデザイン的にもすっきりします。
(完全な防水仕様ではないので水がかかってしまった場合は水気を拭き取り、完全に乾いてからご使用ください。)


背面の一部はへこみを設けてカウンターとしても使用可能。
普段はここへキッチンワゴンも収めておけます。



キッチンと同様の素材でカップボードも製作。



引出し面材はマットなグレー色でモダンな雰囲気に。
ハンドルは黒染め真鍮鋳物で、シンプルながらもクラフト的な素材感を感じられます。



今月18,19日にこちらのキッチンの見学会を催します。
展示会後は実物を見れなくなってしまうため、ぜひこの機会に足をお運びください。

日時:7/18-19 10:00-18:00
会場:弊社ショールーム内
予約制 メールまたはお電話ください。
 Mail : chloros.nagano@gmail.com
   TEL : 0265-79-3466 

(新型コロナウイルス対策で三密を避けるため、ご希望の時間帯にそえない場合もございます。 何卒、ご了承くださいませ。)








このブログの人気の投稿

和室用ダイニングセット

今回は、既存デザインのダイニングを和室用にリデザインし、製作しました。

テーブル:TD-08(樹種クリ) サイズ:W1500 D850 H660 ※高さを通常より約40mm低く設計。
チェア:CW-04(座面:シンコール T-4172) ※畳を傷つけないように、足部に摺り板を追加。


和室には座卓・床座というスタイルが日本では定番ですが、誰しも年を重ねると膝や腰に負担が掛かってきてしまうもの。 私も普段から、しゃがんだり立ったりといった動作が多い仕事をしていると結構膝に来てしまって畳に座るのが正直辛かったりします。
一般的な西洋式サイズのダイニングは背も高く、長時間のリラックスにはあまり向きませんが、このような低座スタイルのダイニングは疲れにくく、日本人のライフスタイルに合っている気がします。




キッチン扉リフォーム

既製のシステムキッチンの扉材のみ無垢材に取り替えた製作事例です。 あまり予算を掛けずに、キッチンを天然木素材にリフォームしたい場合にお勧めです。





既製のシステムキッチンの多くは扉材にポリエステルやメラミンといった石油化学素材を使用しており、汚れや傷がつきにくくなっていますが、天然木の場合、どうしてもその点はメラミンより劣ってしまうという欠点があります。
その為、定期的に汚れを拭き取ったりワックスがけを行うなど手間を必要としますが、それでも人工素材には無い素朴で温かみある風合いは、大きな魅力の一つです。
また、人工素材は一度傷がついてしまうと補修が困難で、扉そのものを交換せねばなりません。 尚且つ、メーカーの都合により数年でデザインや仕様が変更されることが多く、同じ柄、サイズの扉が入手できる保証はありません。 そもそも扉一枚だけ取り寄せといったケースは対応してくれない可能性もあります。 (以前まで当社で扱っていたシステムキッチンメーカーは、原則として各ユニット毎の注文形式だったため割高でした。)
その反面、天然木の場合は万が一傷や割れなど生じても、多少DIYの経験がある方であれば特別な技術は必要とせず直すことができます。 仮に、職人に頼んだとしても扉をそっくり交換するよりは大抵割安で済むことが多いでしょう。





クリ材のリビング用ベンチ

【リビングベンチ】
size : W1930  D680  H770  SH380
樹種:クリ無垢材
塗装:オイルフィニッシュ


お客様からのご依頼で、リビングに置くための木製ベンチを新規にデザイン、製作いたしました。

もともと、構想にあったイージーチェアのデザインを今回ベンチ用にリデザイン。
その為、角度や寸法などは、安楽性の高いイージーチェア仕様の設計となっています。


背面の構造。

設置場所が3階で階段を上がるのが困難なため、背もたれ、座面、肘から足にかけての部材が分解できるノックダウン構造としました。 それぞれボルトによって固定されています。

全て無垢のクリ材なため、とても重量があります。 ノックダウン構造でなかったら、運ぶのに一苦労です。
しかし、無垢材のベンチにはクッション張りのソファ等には無い、木が持つ個性を一際引き立たせてくれます。
数年後の経年変化もまた魅力の一つとなるでしょう。