2019年2月20日水曜日

キッチンカウンター、キッチン収納、玄関収納の製作事例

今回は、キッチン周りと玄関の家具を収めさせていただきました。



【キッチンカウンター収納】
素材:《カウンタートップ》タモ無垢材
《収納》ナラ化粧合板 / シナ合板


L字型の特徴的なカウンタートップ。
手前、収納部分のトップは広くなっており、配膳時などに便利。

キッチン本体は既製のシステムキッチン



【キッチン収納】
素材:《カウンタートップ》クリ無垢材
《収納》ナラ化粧合板 / シナ合板
引出し:ソフトクローズレール、カトラリートレー付き








【玄関収納】
素材:《トップ》クリ無垢材
《扉・収納》ナラ化粧合板 / シナ合板
金物:ステンレスパイプ(傘掛け)



キッチン扉リフォーム

既製のシステムキッチンの扉材のみ無垢材に取り替えた製作事例です。
あまり予算を掛けずに、キッチンを天然木素材にリフォームしたい場合にお勧めです。


サイドパネルも無垢材に変更




既製のシステムキッチンの多くは扉材にポリエステルやメラミンといった石油化学素材を使用しており、汚れや傷がつきにくくなっていますが、天然木の場合、どうしてもその点はメラミンより劣ってしまうという欠点があります。

その為、定期的に汚れを拭き取ったりワックスがけを行うなど手間を必要としますが、それでも人工素材には無い素朴で温かみある風合いは、大きな魅力の一つです。

また、人工素材は一度傷がついてしまうと補修が困難で、扉そのものを交換せねばなりません。
尚且つ、メーカーの都合により数年でデザインや仕様が変更されることが多く、同じ柄、サイズの扉が入手できる保証はありません。
そもそも扉一枚だけ取り寄せといったケースは対応してくれない可能性もあります。
(以前まで当社で扱っていたシステムキッチンメーカーは、原則として各ユニット毎の注文形式だったため割高でした。)

その反面、天然木の場合は万が一傷や割れなど生じても、多少DIYの経験がある方であれば特別な技術は必要とせず直すことができます。
仮に、職人に頼んだとしても扉をそっくり交換するよりは大抵割安で済むことが多いでしょう。






2018年11月17日土曜日

キッチン背面収納

幅1800、高さ950の背が高めのキッチン収納です。

家電収納部はセルフクロージングのスライド棚

その他の引き出しも全てセルフクローズ仕様です。